飲食店の社会保険料
飲食店の社会保険料
飲食店において、社会保険料の問題は深刻化しつつあります。
 
1つ目の問題として、高齢化に伴い社会保険料は毎年上がり続けており、厚生年金の保険料率は、今後も平成29年まで毎年0.177%づつ増加することが法律で決められおり、健康保険についても、抜本的な医療費の改善がなされない限り保険料率が上がり続けることが予想されます。
PC
 
2つ目の問題点として、俗にいうパートの社会保険の適用拡大があります。

当面は被保険者が501人以上の大企業のみの適用になりますが、今後、中小企業も適用される日がくることが予想されます。

飲食業のような、パートアルバイトを戦力として成り立つ業種では、今のうちからパートタイマーの社会保険の対策をしておく必要があります。
 
法律の改正はやむを得ないことではありますが、何も対策をせずにいると保険料は上がり続けることになります。
 
社会保険は、社会保障の1つですので、むやみやたらな方法で下げればいいものではありませんが、
社会保険の仕組みを理解し、労務管理をしっかりすることで社会保険を適正化することは可能です。
 

 


 



マイナンバー対応

セミナー情報

 



人事労務ニュース

人事労務管理基本書式集

人事労務管理リーフレット集

労務管理の旬の特集

人事労務管理の基本講座

今月のお仕事カレンダー





きらめき社労士事務所
    

飲食業の特殊性を考慮しながら労務管理を行い、経営の安定と事業の発展をサポートしていきます。
お会いできる日を楽しみにしています。





お問合せ
きらめき社労士事務所
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場
4丁目8-9 NY企画ビル3F
TEL:03-6304-0468
FAX:03-6304-0469
メールでのお問合せ


プライバシーポリシー