・飲食店の残業対策、未払い賃金対策を
・定期的な訪問による経営相談をしながら
・最低1回は訪問して
・気に入らなければいつでも契約解除
・顧問契約、初月無料キャンペーン



  

お知らせ
お知らせ

>> 一覧へ

ご挨拶
ごあいさつ

社会保険労務士の小野里 実(おのさと みのる)です。


きらめき社労士事務所は、飲食業で人事労務を経験した社会保険労務士が、理屈だけではなく、自らが経験した飲食店にあった労務管理を提供できる飲食店に特化した社会保険労務士事務所です。


きらめき社労士事務所 代表私たちの使命は、「飲食業の労務管理を助成金を活用しながら改善することです。


飲食店で、多店舗展開をしていきたいとお考えなら、労務管理をしっかり行うことは重要になります。


とはいえ、労務管理を改善していくことは、後回しになりがちなのも事実です。


当たり前ですが、経営者は、売り上げを上げることに目が向いてしまうものだからです。


そこで助成金の活用が生きてきます。


助成金は、国からお金がもらえ、返済する必要もありません。


助成金は利益ですので、たとえ1万円の助成金でも、売り上げの何倍もの効果があります。


労務管理を改善することで、お金までもらえてしまう。


それが助成金です。


労務管理とは言い換えると、従業員の働くルールを作るということです。

従業員の働くルールが明確でないと、従業員の定着は望めません。


そうするとあの人のときは、よかったのに、私はなぜダメなの?と不信感につながります。


職場のルールが明確であれば、このようなことは起きません。


いくら優秀な人材をとっても、労務管理ができていないとすぐ退職をしてしまい、また次の人を採用することの繰り返しになります。


採用のコストは求人費だけではありません。


面接に時間を取られれば、その分人件費もかさみます。


一方、労務管理ができている飲食店は、ルールが明確で従業員の定着率もよく、次々に店舗を増やし業績を伸ばしています。


飲食店は、従業員あって初めて成り立ちます。


従業員のやる気は、売り上げにも影響があります。


労働時間の間いるだけで給料がもらえると考えている人ばかりでは、売り上げも上がりませんが、いかに売り上げを伸ばすか、利益を増やすかを考えている人ばかりいる飲食店は同じ立地、同じ商品であっても売り上げに差が出るはずです。


私たちは、そんな飲食店の経営者のをサポートをしたいとの思いで事務所を運営しております。

 


氏名 

旬の特集
旬の特集

   
 4月は新卒を始め、従業員の入社が多い月となることから、今回の旬の特集では従業員が入社する際に行うべき法的事項とその留意点についてとり上げましょう。>> 本文へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法2017/04/25
企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28

>> バックナンバーへ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   
 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、定年再雇用者の無期転換権についてとり上げます。 >> 本文へ

飲食業のための労務管理講座
BLOG 飲食業のための労務管理講座

 



マイナンバー対応

セミナー情報

 



人事労務ニュース

人事労務管理基本書式集

人事労務管理リーフレット集

労務管理の旬の特集

人事労務管理の基本講座

今月のお仕事カレンダー





きらめき社労士事務所
    

飲食業の特殊性を考慮しながら労務管理を行い、経営の安定と事業の発展をサポートしていきます。
お会いできる日を楽しみにしています。





お問合せ
きらめき社労士事務所
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場
4丁目8-9 NY企画ビル3F
TEL:03-6304-0468
FAX:03-6304-0469
メールでのお問合せ


プライバシーポリシー